おくすり.com



★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
アリピゾル30mgとは、主成分をアリピゾルとした、統合失調症を治療に用いられる医薬品です。
統合失調症は、脳の情報伝達系に問題が生じますので注意が必要なので、早期に治療をすることが重要となっています。
ドパミンシステムスタビライザーと呼ばれている、エビリファイのジェネリック医薬品となってなっています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
精神疾患はストレスが原因で発症する可能性が高いので、適切にストレスを発散することが重要となっています。
統合失調症を患ってしまった際は、抗うつ薬を用いて治療を行いますが、様々なお薬がありますので、効果を比較した上で服用する必要があります。
アリピゾル30mgはドパミンシステムスタビライザーとも呼ばれており、統合失調症の陽性症状である、幻覚、妄想、興奮と、陰性症状である無感情、意欲低下、自閉の両方の症状に効果を発揮します

用法 
★用法
ストレスが原因により統合失調症を患う人が増加傾向にあります。
統合失調症は、脳の情報伝達系に問題が生じますので注意が必要なので、早期に治療をすることが重要となっています。
統合失調症を治療する際において使用する医薬品が、エビリファイのジェネリック医薬品であるアリピゾルです。
ドパミンシステムスタビライザーと呼ばれる働きがありますので、効率よく精神疾患を改善することが可能となります。
使用方法としては、1日1錠から服用を開始してください。
年齢や症状によっても異なりますが、1日の服用量は30mgを超えないでください。
他の薬との併用に注意が必要な薬ですので、使用方法については、必ず医師の指示に従がって服用することが必要です。
主成分であるアリピゾルは、統合失調症の特効薬ですが、副作用には注意が求められます。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

仕事などでストレスが過剰に溜まりますと、統合失調症を患う可能性が高まるので注意が必要です。
統合失調症などの精神疾患を患った際においては、ドパミンシステムスタビライザーの働きを示すアリピゾルを積極的に活用することが求められます。
エビリファイのジェネリック医薬品であるアリピゾルを服用することにより、統合失調症を改善させることができます。
効果が高いほど副作用を発症する可能性があるので注意が必要です。
副作用の症状ついては個人差がありますが、主に不眠・アカシジア・手足のふるえ・体重減少・神経過敏、吐き気、頭痛などの報告があります。

sss 

アリピゾル30mg
関連記事