おくすり.com

 
★商品レビュー・体験談

20180302214012.gif 
★商品説明
エビリファイ30mgとは、有効成分アリピプラゾールが配合された統合失調症の症状の改善に働く医薬品です。
統合失調症という病気は、脳の中の疾患による病気で、幻覚を見たり妄想が激しかったり、自閉症状が出たり何もする気がなくなったりすます。
一般的に薬物療法で治療を行います。
主成分となるアリピプラゾールは、脳の中の情報伝達を司る部分の混乱を改善することができます。
統合失調症については急性症状と慢性症状に大別されますが、両方に効き目はあるものの慢性症状の無気力などの改善に多く使用される医薬品です。

20180302214108.gif 
★効果・効能
アリピプラゾールの効果効能としては、神経を脳から各体の器官や手足へ伝達させる為には欠かせない物質であるドーパミンへと強く働きかけることで精神を安定させる働きをもっています。
この仕組みをドパミンシステムスタビライザーと呼ぶこともあります。
お薬の即効性についてはエビリファイはややゆっくりと作用していき効果もあまり強くはないこともあり、急性症状の錯乱状態などが見られる場合においては即効性のある他の精神安定薬が優先利用されることもあります。
副作用はそれほど強くはないので安心です。

用法 
★用法
使用方法は、成人には一般的に1日あたり6〜12mgを開始用量として、維持用量として1日あたり6〜24mgを1〜2回に分けて服用します。
1日あたり30mgを超えてはいけません。
自動車の運転や危険な機械の操作などはしないようにします。
また、アルコールは薬の作用が強く出てしまうことがありますので、注意が必要です。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

エビリファイ30mgは、主成分がアリピプラゾールの、統合失調症の治療に使われる抗精神薬です。
精神活動をコントロールする神経物質ドパミンの働きを調節するため、ドパミンシステムスタビライザート呼ばれています。
これまでにない新しいメカニズムを持った、ドパミン系システムの安定化薬です。
従来の薬のようにドパミン系の抑制をするだけでなく、エビリファイは適切にコントロールできます。
主な副作用として、不眠や神経過敏、手足の震えなどがあります。
このような場合は医師に相談することが重要です。

sss 

エビリファイ30mg
関連記事