おくすり.com



★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
リスパダール3mgとは、主成分をリスペリドンとした、抗セロトニン作用と抗ドーパミン作用の両方を持ち合わせる非定型抗精神病薬です。
統合失調症の治療に効果があり、心の不具合を調整し、気持ちを穏やかにする内容とされている部分があるようです。
統合失調症の症状は多くの精神機能障害として多くの症状が現れます。
統合失調症自体は120人に1人と、稀ではありますが、思春期から青年期にかけて発症することが多い病気です。

20180302214108.gif 
★効果・効能
心療内科や精神科の部門で取り扱われている医薬品も進化を遂げてきている状況が存在している様子があります。
こちらの統合失調症などに効果効能があるとされている、セロトニンやドーパミン拮抗薬のリスペリドンを配合した、リスパダール3mgというお薬もそのひとつでして、脳内におけるドパミンに拮抗することにより、ドーパミン系の機能亢進によって引き起こされるイライラや焦燥感などの陽性症状を抑えます。
また、セロトニンにも拮抗することによってドーパミン神経の働きがよくなり、陰性症状の改善もする事ができます。

用法 
★用法
この薬はSDAと呼ばれる薬で、日本語ではセロトニン・ドーパミン拮抗薬と言います。
使用方法は、成人はリスペリドンとして1回1mg1日2回から始め、徐々に増量していきます。
維持量は通常1日2〜6mgを原則として、1日2回に分けて経口投与します。
なお、年齢や症状によって増減しますが、1日量は最大で12mgまでになります。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分


リスパダール3mgは一般名をリスペリドンという薬で、神経伝達物質であるドーパミン拮抗薬です。
統合失調症の原因としてセロトニン仮説という仮説があります。
統合失調症の患者さんは健常者と比べてセロトニンの分泌量が多く、そのことが統合失調症の成因になっていると考えられています。
セロトニンとはドーパミン等の神経伝達物質を指します。
したがって、リスパダール3mgはこのセロトニンの一つであるドーパミンを拮抗(受け渡しを阻害すること)することで統合失調症の症状を軽減する薬です。
最後に、リスパダール3mgの副作用について紹介します。
主な副作用として眠気や倦怠感、不眠などの報告があります。
また、時に横紋筋融解症などの重篤な副作用も生じることがあります。
sss 

リスパダール3mg
関連記事