おくすり.com



★商品レビュー・体験談

  • 評価:評価55

    効果が目に見えていいですよ!

    他の皆様の書き込みにもあるように、飲みなれるまでトイレが大変でした。でも、油が排出されているのが、目に見えてわかり、食事量も今まで通りなのに体重が2キロほど減りました。
    副作用も特にありませんでした。
    青いカプセルで、毒々しい感じもしますが(笑)
    すごい効果です!おすすめです!
    発送も早くて、とてもよかったです♪

  • 評価:評価33

    ずっと飲んでます

    かれこれ10年飲んでいますが
    初めは脂が出て体重も落ちますが慣れてくると
    また元に戻りました。
    それでも飲まないよりはマシかと思い今もまだ続けています。
    サプリに身体が慣れてきたんでしょうかね

  • 評価:評価55

    ゼニカル歴 4年

    ゼニカルに出会って4年!
    焼き肉、天ぷら油料理の時は、必ず飲んでます!
    油料理の量によって、3錠飲んで次の日には、大量の油が出てかなりハマッて止められません!
    母にも飲ませたら、感動してました!
    お値段は、高めですが、体重もキープできてます!
    痩せるとゆうよりkeep出来る感じです!

  • 評価:評価55

    嘘だと思ってました‥

    今まで、沢山のサプリを飲んできましたがこのサプリだけは威力が違いました!口コミを見て試しにと購入しました。脂っこい食事をする時のみサプリを飲みました。5日で3粒くらいしか飲んでなかったのですが油断してオナラを‥パンツに脂が付きました!!またまた〜とトイレに駆け込み便を見て見たら油が浮いてました!!びっくりでした‥脂っこい食事をした時、手放せません。毎日毎食飲んでないので体重の変化はありませんがお腹が痛くなるのが怖くて少しずつ食事の量が減ってきました!

  • 評価:評価44
    ゼニカル84錠-すごいです!

    すごいです!

    42錠入りよりお買得なのでこちらを購入。ほぼ毎日、夕食後に飲んでます。現在2箱目ですが、体重に変化はありません・・・でも、揚げ物の後の脂の排出はすごいので、もうしばらくは続けようと思ってます。体重が減ってくれると嬉しいのですが・・・


20180302214012.gif 
★商品説明
ゼニカル(一般名:オーリスタット、オルリスタット)は食物中の脂肪の吸収を防ぐリパーゼ阻害薬です。食事中の約30%もの脂肪の吸収を抑え、体内に蓄えることなく便として排泄させます。
食事をした分の脂肪に対して効果があるので、無理な食事制限をする必要がなく簡単にダイエットが行えます。
日本では、肥満とはBMI 25以上の方のことを言います。BMIは体重(kg)から身長(m)を2乗した値を割った数値で、標準値は22となっています。
肥満は遺伝などの要素と生活習慣によって生じるもので、体内の内臓脂肪が過剰に蓄積した状態を指します。健康な方では、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスがとれており、体重は一定に維持されます。しかし過食によって摂取エネルギーが増えたり、運動不足によって消費エネルギーが少なくなると、相対的にエネルギー過剰状態となってしまい、余ったエネルギーは内臓脂肪として蓄積されてしまいます。
摂取エネルギーが増える主な原因は食欲の亢進で、これは遺伝や環境、心理状態などの影響を受けます。一方、消費エネルギーの低下の原因には、車社会などの環境、新陳代謝などの因子が関与しています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
通常、食物中に含まれる脂肪は、胃や膵臓(すいぞう)に存在する脂肪分解酵素であるリパーゼによる分解を受けて、脂肪酸まで分解・吸収され、身体のエネルギー源として蓄えられます。
ゼニカル84錠の有効成分である、オーリスタット(オルリスタット)はこのリパーゼの活性を阻害することで、脂肪の消化を抑える効果をもたらします。消化されない脂肪は体内に吸収できないため、そのまま消化管内に留まり、後に便として排泄されます。食事をしても脂肪が吸収されない結果、カロリーを抑えることでダイエットに効果を発揮します。

用法 
★用法

基本的に1回120mgを1日3回、食事中もしくは食後1時間以内に服用しますが、ゼニカルは食物中の脂肪吸収を抑える薬剤であるため、食事をしなかった場合には服用する必要はありません。

1日の服用量と脂肪の排泄量を調査した試験では、1日約400mgまでは服用量に伴って脂肪の排泄量も上昇しましたが、それ以上の投与では排泄量は横ばいとなりました。したがって、1日適切量は120mgの3回となり、それを上回る量の服薬をしても、効果は細微なものとなります。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

ゼニカルは食物中の脂肪を吸収させずに、消化管内に留める作用があります。このため、最も多く生じる副作用は胃腸症状となります。治療開始後1年目に生じた胃腸症状の内訳は、おならの増加(23.9%)、急な便意(22.1%)、脂肪便(20.0%)、脂肪の排泄(11.9%)、排便回数の増加(10.8%)、便失禁(7.7%)となりました。
これらの多くは軽度かつ一過性であり、治療開始後3ヶ月以内にあらわれ始めますが、1週間続くことは少なく、長くても4週間で改善する例がほとんどで、2年後にはいずれの割合も1〜5%まで低下しました。服用を始めた頃は万が一に備えて下着が汚れないよう工夫しておくとよいでしょう。
この他、頻度は下がりますが、腹痛や悪心・嘔吐、下痢、虫歯、歯周病、頭痛、疲労感、生理不順、肝機能障害などの副作用も報告されています。

sss 

ゼニカル84錠
関連記事