おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談

  • 評価:評価55

    常備してます

    最近、仕事が忙しくて病院に行けないので、通販で買って常備しておけるのはありがたいです☆さぼらず飲み続けて健康になりたい!

  • 評価:評価55

    血糖値も高めなので

    痩せたいのももちろんですが、血糖値が高めなのでゼニカルでなくグルコバイにしました。油分よりもむしろ糖質に効くということでしたが、まさにそんな感じでした!体重も減ったし、最近少しずつ血糖値も下がってきました!!!

  • 評価:評価55

    低糖質ダイエット?

    抵糖質ダイエットが効果ありなのはいまや常識だけど、私にはどうしてもそれができなくて悩んでたんですが、グルコバイを飲んだら低糖質にしなくてもその状態になれると聞きました。体の中のことはよくわかりませんが、とりあえず体重は減ってきました。

  • 評価:評価55

    オルリガルより向いてた

    これオルリガルより効果がマイルドで気に入っています!もともと脂っこい食事よりも炭水化物派なのもあって、オルリガルよりも体重が減りまし.。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .値段も結構まとまった額だけど、120錠も入っていてこれだったら安いです!

  • 評価:評価55

    低糖質ダイエット状態

    低糖質ダイエットはつらくて耐えられなかったので、薬の力で低糖質ダイエット状態?にしてみたところ、見事に痩せました!グルコバイはもともと、糖質の吸収を抑える糖尿病のお薬らしいです。なんか納得!飲み過ぎには気をつけてます(^o^)

  • 評価:評価55

    値段以上

    グルコバイは先発品で安心なぶん、ちょっと高めですねwでも120錠も入ってたら十分な値段か。。。これだけでだいぶ体重が減ったので、値段以上のお買い物だったと思います( ´ ▽ ` )副作用も気にならなかったし、炭水化物好きにはたまりませんw

  • 評価:評価55
    グルコバイ50mg-そろそろ少なくなってきたレボーズが品切れだったため、

    そろそろ少なくなってきたレボーズが品切れだったため、

    年始の食べ過ぎを考えて急遽グルコバイを初めて購入しました。ちょっとお高いかなぁと思ったのですが、必要に応じて飲む事を考えるとたっぷりの数量でしたので安心もあります。冬の寒い時期は体も熱量が必要ですので、お米やお餅など食卓によく出していたのですが、こちらを調整しながら必要な熱量で体を温めることが出来ていると思います。レボーズの25も軽い食事や友達とのスイーツに使用していました。上手にこういった商品と付き合っていくと食べる楽しみがなくなりませんので有難いです。

  • 評価:評価55
    グルコバイ50mg-リピートしました!

    リピートしました!

    リボースが在庫なし(>_<)で前回こちらを購入しました。
    効果はあります!25mg での購入も考えたのですが、50mg の錠剤を半分にして食事内容&量を考えながら使用してます。(*^_^*)

    私の場合、不規則な食事時間、夜中にパンや甘い物を食べているにもかかわらず(^-^;)体重は増加していないので、
    オススメです!

    でも副作用には私自身も十分に気をつけています。飲み過ぎると、低血糖でフラフラ&お腹が空くことがありました。←あくまで私だけかもしれませんが。
    これから使用されるかたもご注意くださいね。

  • 評価:評価55

    とても良いけど

    価格が高くて、リポースがなかったので、こちらを購入しました。高いだけあって効果は高い気もします。ですがやはり値段が。。しばらく使い続けるにはお財布が。。なので、昼間のみ使用して、夜はカロリーおさえた食事にしてます。かなり痩せました。

  • 評価:評価55

    糖分の吸収を抑える

    食事に含まれる糖分の吸収を抑える薬のようです。ちょっと副作用でお腹がゆるくなります…けど便秘気味だからちょうどいいかな(^_^;)体重は少し減って、あとたくさん食べ過ぎても増えにくくなりました!後者が何気に嬉しいかな♪♪

  • 評価:評価55
    グルコバイ50mg-血糖値を下げる薬で!?

    血糖値を下げる薬で!?

    血糖値を下げる薬でダイエット!?って最初は意味がわかりませんでしたが、事実痩せました!体重が減りました(^◇^)飲みすぎると、ふらふらになるらしいです。。要注意です!炭水化物大好きな私には、とっても良かったみたいです♪♪

  • 評価:評価55
    グルコバイ50mg-糖尿病血糖値を抑える

    糖尿病血糖値を抑える

    食事後の血糖値を抑える働きがあるとのことで使い始めています。3か月ほどはお腹がグルグルしましたが、以降は気にならないぐらいになっています。排便は今まで1回だったのが2~3回になりました。他は特に異常なく使っています。以前使っていた診療所の薬と同じように血糖値は抑えられています。バイエル製薬の製品なので安心して使い続けられます。

  • 評価:評価55
    グルコバイ50mg-炭水化物好きにぴったり

    炭水化物好きにぴったり

    炭水化物が大好きで常に摂りすぎなので飲んでみました。思った通り効果ありました(*^_^*)☆副作用が出ないように慎重に使ってます。

  • 評価:評価55
    グルコバイ50mg-有名なお薬ですよね

    有名なお薬ですよね

    グルコバイって有名なお薬ですよね、通販で売ってるんでびっくりしちゃいました。血糖値を下げるお薬だそうですが、ダイエットにも効果ありとのことで購入しました(^。^)用量を加減すれば副作用も出ないし、確かに体重が減って良い感じです♪

  • 評価:評価55
    グルコバイ50mg-真剣に治療したいと思いました

    真剣に治療したいと思いました

    昔好きでよく見ていたウゴウゴルーガのCGクリエイタ―さんが糖尿病で亡くなったというニュースを見て、歳の近い自分は真面目に治療しなければ…と思いました。亡くなるのは本当に悲しい。自分は長生きしたいけど…。
    グルコバイは購入3回目です。

20180302214012.gif 
★商品説明

グルコバイ(一般名:アカルボース)は1993年に承認・発売された経口血糖降下薬の1種で、糖尿病に用いられる薬剤です。食物の消化・吸収を遅らせることで、血糖の上昇を抑える働きがあります。グルコバイ50mgはインスリン分泌に直接作用しないため、糖尿病薬の中では低血糖のリスクが低く、比較的安全性の高い薬剤です。

糖尿病の中でも、食後の血糖値のみが高くなるような軽症の糖尿病や、逆に食事療法や運動療法、あるいは他の糖尿病薬を併用していても十分な効果が得られないようなコントロール不良の糖尿病に対して使用されます。

グルコバイ50mgはα-グルコシダーゼ阻害薬に分類される経口血糖降下薬であり、有効成分はアカルボース、糖尿病に効果的な医薬品です。
糖尿病はインスリンが分泌されなくなる、あるいはインスリンが効かなくなることで、高血糖をきたす疾患です。インスリンは膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンであり、グルコース(糖分)を細胞内に取り込ませる働きがありますが、インスリンの分泌や作用に障害があると、細胞がグルコースを取り込むことができずに血液中を漂うため、高血糖状態となります。
症状としては多尿、口渇、多飲などの自覚症状が認められ、この高血糖状態が続くと血管が傷つき、合併症として網膜症や腎症、神経障害、心疾患、脳梗塞など全身の臓器へ障害があらわれる可能性があります。

糖尿病には1型と2型の2種類の分類することができ、1型は自己免疫、つまり免疫細胞が誤って自分自身の細胞を攻撃してしまうことで発症するもので、膵臓の細胞が破壊される結果、インスリンの分泌が行われなくなります。
一方、2型糖尿病は遺伝や生活習慣が原因となります。インスリンの分泌や効きやすさは遺伝子による影響を受けるため、2型糖尿病では家庭内に肥満の方が多い傾向にあります。また、肥満や過食、高脂肪食、運動不足などによってもインスリンの効き目は悪くなるため、生活習慣が多いに影響しているといえます。


20180302214108.gif 
★効果・効能

グルコバイ50mgの有効成分であるアカルボースは小腸での炭水化物の消化を抑えてグルコースの吸収を遅らせることで、食後の高血糖に効果があります。
食事中の炭水化物は、消化管の中でさまざまな酵素の作用を受け、単糖類(これ以上加水分解されない糖類)であるグルコースまで分解されていきます。酵素の種類には、膵液(すいえき)や唾液に含まれるアミラーゼ、小腸の粘膜に存在するグルコアミラーゼ、スクラーゼ、マルターゼなどがありますが、グルコバイ50mgの効果はこれらの酵素の活性を阻害することで、炭水化物の消化を抑えることができます。

通常、食物は腸内で速やかに分解・吸収後に血液中に取り込まれ、そこにインスリンが作用することで、グルコースは細胞内に取り込まれます。しかし、糖尿病の方はインスリンの分泌、あるいは作用が弱いため、血圧が下げれなくなってしまい高血糖となってしまうのです。
グルコバイ50mgは、不足しているインスリンの分泌・作用に効果があるため、炭水化物の消化を抑えて少量ずつ糖を吸収させることで、高血糖を改善させる効果があります。

また糖質を分解する酵素が作用するのを阻害し、ブドウ糖の吸収を遅らせることから痩せる作用があるとして、ダイエットにも効果を発揮します。


用法 
★用法

グルコバイ50mgは食物の消化・吸収を遅らせる働きがあるため、食物が消化管内に留まる時間が長くなります。その結果、お腹が張ったり、おならが増えたり、腹痛や下痢、便秘をきたすことがあります。
また、グルコバイ50mg単独では低血糖を起こすリスクは低いものの、他の糖尿病薬と併用する場合には低血糖を生じることがあります。その他、頻度は下がりますが、肝機能障害を起こすこともあります。
4,543例の患者を対象に行った大規模な調査では、1,244例(27.4%)の患者に副作用を認めました。主な副作用として、おならの増加 717例(15.78%)、お腹の張り603件(13.27%)、肝機能酵素(ALT)の上昇 89件(1.96%)などが報告されました。
重大な副作用としては、他の糖尿病薬との併用における低血糖(0.1〜5%)、腸閉塞様の症状(0.1%未満)、肝機能障害・黄疸(0.1%未満)などが挙げられます。
・低血糖:動悸や頻脈、発汗、手足の震え、不安感などが生じ、重症の場合はけいれんや意識障害をきたします。
・腸閉塞:腸が詰まってしまう結果、便やガスが溜まってしまう状態で、吐き気や嘔吐、強い腹痛などが生じます。
・肝機能障害:肝臓は身体に必要な栄養を合成する一方で、有毒な物質を分解・解毒する働きがあります。この機能に障害が起きると、食欲低下や倦怠感、貧血、出血傾向(血が止まりにくい)、かゆみ、むくみ、黄疸(おうだん:皮膚や白目が黄ばむ)などの症状がみられるようになります。

このような副作用が発症した場合は、ただちに医師に相談してください。


20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

1日3回、1回2錠を食事の直前に服用します。ただし、安全面を考慮して1回1錠の服用から開始し、副作用などの問題がないことを確認しながら、1回2錠まで増量する方法をとることもあります。
グルコバイ50mgは食物と一緒に消化管を移動することで、糖質の吸収を抑えます。このため、食事の直前に服用するのが最も効果的です。

血糖値上昇の抑制効果を調査した試験では、食事30分前に投与した群では食後血糖がおよそ200まで上がったのに対し、食事15分前、食直前の両群では血糖値は180を超えませんでした。また、食直前の群では食後の血糖値がゆるやかに上昇したのに対し、食事15分前の群では食後一気に上昇した後に徐々に低下するという形になり、食事15分前の投与では食直後の血糖上昇を抑える効果はいまひとつとなりました。
万が一服用し忘れてしまった場合は、食事中であればすぐに服用してください。ただし、食事からしばらく経ってから気付いた場合は服用せずに次回の食事から再開してください。忘れたからと2回分を一緒に飲んでしまうと副作用が増強するおそれがあるため、再開時も1回1錠を守りましょう。



sss 

グルコバイ50mg
関連記事