おくすり.com



★商品レビュー・体験談

  • 評価:評価55

    巨尻を治すため

    旦那から「お前本当にケツがでかいな」と罵られまくる毎日が嫌になりこのクレストールの服用を始めました。スクワットとクレストールでもう旦那からケツデカ女とは言わせない!まだ始めたばかりで効果は分かりませんが、何となく引き締まっているような気がするので続けて見ます。

  • 評価:評価55
    クレストール5mg-痩せやすい体に

    痩せやすい体に

    ダイエットを始めて20年。いろいろやってますが痩せることができません。最後に頼ったのがこちらのクレストール。現在、始めてから3か月目ですが何となく今までで一番効いているような気がします。血管にもいいみたいなので色々と期待しています。

  • 評価:評価55
    クレストール5mg-届くの早いですね

    届くの早いですね

    海外からの個人輸入だということだったので、1か月くらいかかるかな…と思っていたのですが、予想に反して10日かからずに到着しました。薬の価格も安いので本当に助かります。病院を受診することが出来ない時に利用させてもらってます。

  • 評価:評価44

    先発品

    が安く買えました。
    日本人の場合2.5mgから始めるので、半分に割って飲んでます。
    ピルカッターを100均で買うといいですよ。

  • 評価:評価55
    クレストール5mg-若いので

    若いので

    健康診断にてコレステロール値と中性脂肪値が天文学的な数値だといわれた。がしかし、まだ若いから投薬じゃなく生活習慣で治した方がいいといわれた。いや、それはヤバいでしょ!と自分で思ったのでこちらからクレストールを購入して服用している。若いからと言って安心ということはない。

20180302214012.gif 
★商品説明
クレストールはコレステロール値を低下させることが出来る医薬品です。
高コレステロール血症の治療薬として使われていますが、高脂血症にも効果があると言われています。
アストラゼネカ株式会社が販売しています。

コレステロールは肝臓で生合成されていますが、クレストールを服用すると有効成分の「ロスバスタチンカルシウム」が肝臓に対し生合成を抑えるように働きかけます。
コレステロールの生合成が抑制されると、血液中のコレステロール値も低下するので動脈硬化を予防することに繋がります。
動脈硬化の先にある、狭心症や心筋梗塞などの発症率の低下にも繋がります。

20180302214108.gif 
★効果・効能
高コレステロール血症は、喫煙や飲酒、ストレス、食生活が原因となり悪玉コレステロール(LDL)が140mg/dL以上の状態を表します。
悪玉コレステロールにはコレステロールを運搬する働きがあり、量が多いと血管の壁に傷がつきます。
傷ついた血管壁に悪玉コレステロールが侵入、酸化悪玉コレステロールに変化し体内のマクロファージが酸化悪玉コレステロールを取り込むことで、泡沫細胞というものを形成します。
泡沫細胞は脂質プラークと呼ばれる破れやすいコブを作ります。
このコブが破れると、血栓が形成され血管が狭くなるか塞がるといった症状が発生します。
血管が詰まれば狭心症、心筋梗塞や脳梗塞へ繋がります。
クレストールを服用すると、コレステロールを生合成する肝臓の働きを抑制することが出来ます。
コレステロールの生合成が抑制されれば、血液中の悪玉コレステロール値も低下し動脈硬化の進行を抑制し狭心症や心筋梗塞の可能性を下げることに繋がります。クレストールを服用すると、コレステロールを生合成する肝臓の働きを抑制することが出来ます。
コレステロールの生合成が抑制されれば、血液中の悪玉コレステロール値も低下し動脈硬化の進行を抑制し狭心症や心筋梗塞の可能性を下げることに繋がります。

用法 
★用法
クレストールの服用後、稀に以下の重い副作用が表れる可能性があります。
もし副作用が表れた場合には、投与を辞め医師に相談して下さい。

・横紋筋融解症
末端の痺れ、痙攣、筋力の低下、筋肉痛、歩行の困難、赤褐色の尿
・ミオパチー
末端のしびれ、こわばり、歩行の困難、筋肉のぴくつき
・肝臓障害
倦怠感、食欲不振、発熱、痒み、おうだん、褐色の尿
・重い過敏症
蕁麻疹、全身発赤、粘膜の腫れ、咳き込み、呼吸困難
・間質性肺炎
から咳、呼吸困難、息切れ、発熱

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
クレストールを服用すると、骨格筋が溶けてしまう横紋筋融解症と呼ばれる副作用が稀に表れることがあります。
横紋筋融解症により溶けた骨格筋成分が血液に流れ込むと、腎臓に大きな負担をかけ最悪の場合、腎不全になり死に至る可能性があります。
腎臓が弱い方や、高齢の方が使用する場合には医師との相談の上注意する必要があります。

高コレステロール血症と併発することが多い、高脂血症のフィブラート系の治療薬と併用すると、横紋筋融解症が発現する可能性が高くなると言われています。


sss 

クレストール5mg
関連記事