おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
シロファスト4mgはインドの製薬会社シプラ社より製造販売が行われています。
主に前立腺肥大症に伴う排尿困難、残尿感、頻尿などの排尿障害に対して治療効果を示す医薬品です。
シロファスト4mgは同じく前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬「ユリーフ」のジェネリック医薬品として同じ成分(シロドシン)で製造されており、同等の効果効能が期待できます。

排尿障害には尿が出にくい、残尿感がある、尿漏れがあるなどの症状があり、特に中高年以降に多く、60歳以上になると約80%の人にあらわれると報告されています。
男性の場合、年齢を重ねると前立腺が肥大していき尿道を圧迫し尿が出にくいなどの排尿障害を引き起こします。前立腺肥大症は40代から症状が増え始め、80歳近くなると約80%の人が前立腺肥大症であると報告されています。
排尿に関する問題は命に関わることではないですが、生活の質の低下を招きかねないので早急に治療をしましょう

20180302214108.gif 
★効果・効能
シロファスト4mgはα1遮断薬としてα1A受容体に働きかけ、前立腺肥大症に伴う排尿障害を治療します。
改善される排尿障害の具体的な症状としては、尿が出始めるまでに時間がかかる、排尿の時間が長い、尿が出し切れずに残尿感があるなどが挙げられます。

シロファスト4mgの有効成分であるシロドシンはα1受容体遮断薬に分類される薬剤として、α1A受容体に選択性が高く、α1A受容体を介する交感神経系を遮断することにより、尿道の内圧上昇を抑え排尿障害を改善することが可能です。

α1受容体にはα1A受容体、α1B受容体、α1D受容体の3タイプがあり、それぞれ多く存在する部位が異なります。
α1B受容体は血管平滑筋、α1D受容体は膀胱に多く存在していますが、シロファスト4mgはその中でも前立腺に多く存在するα1A受容体に対して選択的に働きかけることにより尿がスムーズに排出されるようになります。

尿の出にくさや排尿時の痛み、尿漏れなどの排尿障害の症状を感じている方はI-PSS(国際前立腺スコア)と呼ばれる自宅でも簡単にできるアンケート方式の検査方法があります。
気になる症状を感じている方はまずI-PSSで自己診断してみましょう。

用法 
★用法
朝食と夕食後にそれぞれ1回4mgを服用してください。必ず服用量を守り使用してください。
飲み忘れなどに気づいた場合には服用せず、次の服用時に決められた用量を使用してください。
一度に2回分など過剰投与してしまうことで、血圧が急激に下がったり強い副作用が現れる場合がありますので行わないでください。

服用後にめまいや立ちくらみなどの症状が出る可能性があるので、服用時は高所での作業や自動車の運転などの危険が伴う作業を行う際は、服用に関して十分に注意するようにしてください。

保管方法としては、小児の手の届かないところに保管してください。また直射日光や高温は避け、室温で保管するようにしてください。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
朝食と夕食後にそれぞれ1回4mgを服用してください。必ず服用量を守り使用してください。
飲み忘れなどに気づいた場合には服用せず、次の服用時に決められた用量を使用してください。
一度に2回分など過剰投与してしまうことで、血圧が急激に下がったり強い副作用が現れる場合がありますので行わないでください。

服用後にめまいや立ちくらみなどの症状が出る可能性があるので、服用時は高所での作業や自動車の運転などの危険が伴う作業を行う際は、服用に関して十分に注意するようにしてください。

保管方法としては、小児の手の届かないところに保管してください。また直射日光や高温は避け、室温で保管するようにしてください。


sss 

シロファスト4mg
関連記事