おくすり.com

 
★商品レビュー・体験談
評価:評価55

効果が実感できます

頻尿で悩んでいましたが、この薬を服薬してから、かなり改善されました。これほどまで効果が実感できるとは思いませんでした。

20180302214012.gif 
★商品説明
ウリマックスは前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬「ハルナール」のジェネリック医薬品であり、前立腺肥大症に伴う排尿障害、頻尿、残尿感などに効果があります。
様々なジェネリック医薬品を取り扱う世界的にも有名な製薬会社であるインドのシプラ社より製造・販売されています。

ウリマックスは先発医薬品であるハルナールと同じタムスロシン塩酸塩という成分で構成されているため、同等の効果を得ることができます。
この先発医薬品ハルナールは前立腺肥大症による排尿障害に対して、従来の治療法とは別の視点で症状を改善するという概念を持っていました。

自分が前立腺肥大症かを確認する方法として国際前立腺症状スコア(I-PSS)という指標を用いて、前立腺肥大症の症状の程度をアンケート形式で答え点数化して判断する検査方法があります。
国際前立腺症状スコアで「0〜7」は軽症、「8〜19」は中等症、「20以上」が重傷と考えられています。排尿時に気になる症状のある方は国際前立腺症状スコアで自分の症状の程度を把握し、重症となる前にウリマックスを使用して早期治療を開始してください。

20180302214108.gif 
★効果・効能
ウリマックスはα1受容体に働きかけ、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療に使用されています。
α1受容体とは排尿や畜尿をコントロールする自律神経からの命令を受ける部分であり、前立腺や尿道の筋肉に多くあります。ウリマックスを服用することによって、α1受容体の働きを抑制することができ、自律神経の過剰な命令によって緊張している前立腺や尿道の筋肉をリラックスさせることができるため、排尿がスムーズに行われるようになります。

前立腺は男性特有の器官で、尿道の周りを覆うようにして存在し精液を作る機能があります。
前立腺肥大症は中年以降の男性によくあらわれる症状です。前立腺の肥大化には男性ホルモンが関係していると考えられており、年齢を重ねることで男性ホルモンなどのホルモン環境が変化することで、前立腺が徐々に大きくなり尿道を圧迫し、過剰に圧迫されることにより尿道が狭くなり尿が出にくくなります。

用法 
★用法
ウリマックスはα1受容体に働きかけ、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療に使用されています。
α1受容体とは排尿や畜尿をコントロールする自律神経からの命令を受ける部分であり、前立腺や尿道の筋肉に多くあります。ウリマックスを服用することによって、α1受容体の働きを抑制することができ、自律神経の過剰な命令によって緊張している前立腺や尿道の筋肉をリラックスさせることができるため、排尿がスムーズに行われるようになります。

前立腺は男性特有の器官で、尿道の周りを覆うようにして存在し精液を作る機能があります。
前立腺肥大症は中年以降の男性によくあらわれる症状です。前立腺の肥大化には男性ホルモンが関係していると考えられており、年齢を重ねることで男性ホルモンなどのホルモン環境が変化することで、前立腺が徐々に大きくなり尿道を圧迫し、過剰に圧迫されることにより尿道が狭くなり尿が出にくくなります。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

ウリマックスはα1受容体に働きかけ、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療に使用されています。
α1受容体とは排尿や畜尿をコントロールする自律神経からの命令を受ける部分であり、前立腺や尿道の筋肉に多くあります。ウリマックスを服用することによって、α1受容体の働きを抑制することができ、自律神経の過剰な命令によって緊張している前立腺や尿道の筋肉をリラックスさせることができるため、排尿がスムーズに行われるようになります。

前立腺は男性特有の器官で、尿道の周りを覆うようにして存在し精液を作る機能があります。
前立腺肥大症は中年以降の男性によくあらわれる症状です。前立腺の肥大化には男性ホルモンが関係していると考えられており、年齢を重ねることで男性ホルモンなどのホルモン環境が変化することで、前立腺が徐々に大きくなり尿道を圧迫し、過剰に圧迫されることにより尿道が狭くなり尿が出にくくなります。

sss 

ウリマックス0.4mg
関連記事