おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
フリバス75mgとは、主成分をナフトピジルとした、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療に用いられる医薬品です。
前立腺肥大症になりますと、利尿への影響がおこり排尿障害を伴ってしまいます。
そのため、体内の水分量の調整ができず、浮腫などが起こり腎機能の低下を招いてしまいます。
フリバス75mgは、前立腺や尿道付近の平滑筋の収縮を抑制する事により、前立腺肥大に伴う排尿障害を改善することがでるお薬となっています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
フリバス75mgは、前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬として用いられます。
前立腺肥大症になると排尿障害を伴うので、体内の水分量の調整がうまくいかなくなり、浮腫などが起こり腎機能の低下を招いてしまい、重篤な場合には、急性腎不全を起こすこともあります。
フリバス75mgは、ナフトピジルを有効成分としており、前立腺や尿道付近の平滑筋の収縮を抑制する事により、前立腺肥大に伴う排尿障害を改善します。
このお薬には、副作用が存在しますので、使用の際は医師や薬剤師の指示に従い正しい服用が必要となります。
また、副作用はアレルギー症状が主なものなので、異変を感じたら中断して医師の診療を受けて下さい

用法 
★用法
フリバス75mgは前立腺肥大における排尿障害の治療に使われます。
ナフトピジルを有効成分としており、利尿作用があります。
使用方法は、1日1回25mgから投与を始めて、効果が不十分に場合は1〜2週間の間隔を空け1回50mg〜75mgと使用していきます。
食後に経口から服用し、最大摂取量は1日に75mgまでとされています。
副作用として、めまい、眼球浮腫、頻脈、発疹、意識不明といった症状が報告されているので注意が必要です。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
フリバス75mgは主成分をナフトピジルとした尿の出をスムーズにするお薬です。
そのため、前立腺肥大症で排尿障害の時に用いられることが多いです。
このお薬の副作用は、飲み始めに特にめまいや強い立ちくらみがあります。
これらの副作用は、徐々になくなることが多いですが、症状が強いときは早めに受診するようにしてください。
また、めったにないですが、重い副作用が出る場合もあるので注意してください。
重い副作用には、冷感、吐き気、嘔吐、気を失うなどがあります。
その他の肝臓の重い副作用として、だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や、白目が黄色くなる、尿が褐色などがあります。
少しでも身体に異変を感じたら、医療機関を受診することが大切です。


sss 

フリバス75mg
関連記事