おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
ハルナールD0.1mgとは、主成分をタムスロシンとした前立腺肥大のお薬です。
主成分であるタムスロシンは、前立腺にある前立腺の筋肉を収縮させるα受容体を遮断することで、尿道を緩めて尿を出やすくすることができます。
主に、前立腺肥大症にと伴う排尿障害の改善に用いられ効果を発揮します。

20180302214108.gif 
★効果・効能
ハルナールD0.1mgは前立腺肥大のお薬で、膀胱の下にある前立腺が大きくなって尿道を圧迫し、排尿障害を引き起こす病気の治療に用いられます。
夜間に何度もトイレに起きる、1日に8回以上トイレに行く、我慢できずに漏らしてしまうなどの排尿障害に効果を示します。
ハルナールD0.1mgはタムスロシンを主成分としており、前立腺にある前立腺の筋肉を収縮させるα受容体を遮断することで、尿道を緩めて尿を出やすくすることができるという効果効能があります。
服用際には注意が必要で、降圧剤や利尿薬との併用には注意が必要です。
副作用として頭痛、立ちくらみ、嘔吐、浮腫などが起きる場合がありますから決められた用法を守ることが大事です。

用法 
★用法
ハルナールD0.1mgは、前立腺肥大に伴う排尿障害の治療に使用されます。
前立腺肥大とは、膀胱のすぐ下にある前立腺が大きくなる病気で、自覚症状として、尿の線が細い・勢いがない、いきまないと排尿できない、尿の回数が多い、夜間頻尿、尿漏れ・残尿感・浮腫などがあります。
これらの症状の改善にハルナールD0.1mgが用いられます。
主成分タムスロシン塩酸塩で、前立腺や尿道平滑筋にあるα受容体を遮断して、尿道の圧迫を解消します。
使用方法は1日1回食後に服用し、年齢や症状により服用量を増減していきます。
飲み始めに、めまいを起こすことがありますが、徐々になくなることが多いです。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分
ハルナールD0.1mg(タムスロシン)は尿道、または前立腺にあるα1受動体を遮断することで、尿道の内部の圧力を低下させて前立腺肥大症に伴って起こる排尿障害の治療に用いられています。
使用方法に関しては通常、成人は1回につき2錠を1日1回食後に服用しますが、症状や年齢に応じて服用量を増減されます。
服用した際に起こりうる副作用としては、めまい、発疹、胃の不快感、じん麻疹などが報告されており、これらの症状が現われた場合は服用を止め、速やかに医師や薬剤師に相談もしくは診療を受ける必要があります。
また、保管方法に関しては小児の手の届かず、直射日光や高温や湿気を避けた場所での保管が必要となります。


sss 

ハルナールD0.1mg
関連記事