おくすり.com



★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明

ミカルディス80mgとは、テルミサルタンを主成分とする薬です。
血圧を下げる作用があり、主に高血圧症の治療に用いられます。
また、病状にもよりますが、心不全などの心臓病や糖尿性腎症などの腎臓病にも用いられることがあります。
作用機序としては、血管内の受容体に働きかけて昇圧物質であるアンジオテンシンの作用の一つである血管収縮作用を抑えることにより、血圧を下げます。
食事による影響を受けやすい薬でもあります。
20180302214108.gif 
★効果・効能
効果効能は、高血圧の原因となるアンジオテンシンIIと呼ばれる体内物質を抑える作用があります。
高血圧は糖尿病とともに心筋梗塞や心不全などの心疾患を引き起こす原因となります。
そのため、降圧剤は重要な役割を果たします。
また、高血圧は糖尿病性腎症を進展させる要因にもなります。
ミカルディスは持続性があるため、一日一回の服用で効果を得ることができます。
また、ほぼ100%の割合で肝臓から胆汁とともに体外に排出されるため、腎臓の機能が弱っている患者にも使用することができるのが特徴です。
特に早朝の血圧コントロールに効果的で、心疾患や腎臓病の患者にも用いられることがあります。

用法 
★用法
高血圧症の患者さんに処方される薬としてミカルディス80mg(テルミサルタン)があります。
使用方法しては20mgを初期投与とし改善がないようであれば漸次増量し最大80mgまで使用が可能です。
また糖尿病性腎症や心不全の患者さんにも有効と考えられ、血圧を正常に保つことで脳卒中や心臓病・腎臓病の予防にもなると考えられています。
この他に脳血管疾患後、心筋梗塞後、左心室肥大、高齢者にも投与は可能です。
また禁忌として挙げられるのが高カリウム血症や両側腎動脈狭窄、妊娠されている人です。
高血圧症の薬もたくさんあるのでその時の症状、状態に応じて適切に処方される必要がありますので、専門医の受診をされることをお勧めします。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

ミカルディス80mgは、高血圧の薬として使用されています。
この薬は、循環器系の疾患を患っている人は血圧を下げるために使用されています。
主成分がテルミサルタンであり、テルミサルタンという名称で知っている人も多いのかも知れません。
また、このミカルディス80mgの副作用としては、低血圧や身体のふらつき感、発疹やかゆみなどのアレルギー症状も報告されているので、このような症状が見られたときには、医師の診察が必要になります。

sss 

ミカルディス80mg
関連記事