おくすり.com



★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
セレクトール200mgとは、主成分セリプロロール塩酸塩とした、本態性高血圧症や腎実質性高血圧、狭心症の治療に用いられる医薬品です。
作用としては、β受容体を遮断する作用によって、心拍出量を減少させ、血圧を下げる働きがあります。
セレクトール200mgの特徴としては、副作用が少なく、半減期が長いので持続性があるお薬となっています。

20180302214108.gif 
★効果・効能

セレクトール200mgは主成分「セリプロロール塩酸塩」を含む薬で、効果としては、β受容体を遮断する作用によって、心拍出量を減少させ、血圧を下げる働きがあります。
主に本態性高血圧症や腎実質性高血圧、狭心症の治療に効果を示します。
間違った使用方法を行う事で、副作用が強く出てしまう可能性がありますので、事前に確認する事が必要です。
現れやすい副作用として、めまい・頭痛・動悸・発疹・かゆみ・倦怠感・涙液分泌減少・霧視・こむらがえり・筋肉痛などが報告されています。
用法 
★用法
セレクトール200mgは、セリプロロール塩酸塩を主成分とした類白色の錠剤です。
血管拡張作用を有し、通常、高血圧や狭心症などの循環器疾患の治療に用いられます。
使用方法としては、1日1回、食後に決められた用量を服用します。
用量は症状や年齢などを考慮して適宜増減されます。
相互作用により、お薬の効果を減弱させたり、増強させたりしないために、牛乳やお茶、コーヒー、ジュース、味噌汁などのスープ類、スポーツドリンクなどでの服用は避け、多めの水またはぬるま湯で服用してください。
血圧が低下することによって、めまいやふらつきなどの症状が発生することがあるので、車の運転や高所での作業、機械の操作などには細心の注意を払う必要があります。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

セレクトールはセリプロロールとも呼ばれ100mg、200mgの2種類の容量があり、血圧を下げるお薬で主に狭心症の治療に用いられます。
副作用としては、飲み始めに体が怠くなることや、眠くなることがあります。
他の副作用としては、めまい・頭痛・動悸・発疹・かゆみ・倦怠感・涙液分泌減少・霧視・こむらがえり・筋肉痛などが報告されています。
軽度でしたら心配しなくても大丈夫ですが、酷い症状の場合は医師に相談しましょう。
またアレルギーを持っている方は、飲み合わせによって、反応が出てしまう場合がありますので必ず医師に伝えてください。

sss 

セレクトール200mg
関連記事