おくすり.com

 

★商品レビュー・体験談


20180302214012.gif 
★商品説明
ペクセップ40mgとは、パロキセチン塩酸塩を主成分としたパキシルのジェネリック医薬品です。鬱病やパニック障害に使用されます。
第3世代の抗うつ薬であるパキシルは、その優れた抗うつ効果により多くの患者が救われています。
そのパキシルのジェネリック医薬品ということで、値段の安さからも大変人気の商品となっています。

20180302214108.gif 
★効果・効能
ペクセップ40mgはパキシルジェネリックとして開発され、パキシルと同じくパロキセチン塩酸塩という有効成分を含有し、鬱病やパニック障害、強迫性障害などを和らげるます効果効能があります。
パロキセチンは第3世代の抗うつ薬で、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれており、人間の脳細胞間にあるシナプスと呼ばれる溝からセロトニンが減少するのを抑制し上記の症状を改善します。
同様の治療薬であるプロザックより強力であり、1日1回の服用で効果を発揮します。
ただし、服用開始時には10mgから20mgの範囲で少量から服用し、1週ごとに10mgずつ増量し、症状により40mgを超えない範囲で服用量を調整します。
また、鬱病、パニック障害、強迫性障害など、これらの症状の違いにより必要量が変わってくることもありますので、上手に自分の症状に合わせて服用していくことが大切です。

用法 
★用法
パキシルの抗うつ作用は、神経伝達物質であるセロトニンが神経細胞に再吸収されてしまうことを選択的に阻害(略してSSRI)ことで効果を発揮します。
パキシルではこのSSRIの効果を示す成分が20mg含有しているのが最高用量になりますが、パキシルジェネリックのペクセップ40mgはこの有効成分を40mgまで含有しているのです。
従って、パキシル20mgの以上の効果を示すことができるのです。
しかし、その反面、副作用も強く示すことが懸念されます。
使用に際しては、使用方法をよく守って使用することが必要になりますので注意しましょう。

20180302214131.gif 
★副作用・注意事項・成分

パキシルの抗うつ作用は、神経伝達物質であるセロトニンが神経細胞に再吸収されてしまうことを選択的に阻害(略してSSRI)ことで効果を発揮します。
パキシルではこのSSRIの効果を示す成分が20mg含有しているのが最高用量になりますが、パキシルジェネリックのペクセップ40mgはこの有効成分を40mgまで含有しているのです。
従って、パキシル20mgの以上の効果を示すことができるのです。
しかし、その反面、副作用も強く示すことが懸念されます。
使用に際しては、使用方法をよく守って使用することが必要になりますので注意しましょう。

sss 

ペクセップ40mg
関連記事